*Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mongrels S1-1~2
BBCのパペットコメディ『Mongrels』にすっかりハマリました~。飼い主等は本物の人間が演じていますが、動物は全部パペット。人形劇と言っても子供向けではありません。各回1度くらい突然歌いだす場面もあったりして、まあ、AvenueQみたいなもんだと思っていただければいいかと(笑)。その他、ドラマネタ等も満載で、ほんとに楽しいです。

キャラクターは、キツネのネルソン、アフガンハウンドのデスティニー、猫のマリオン、ハトのカリなど。ちょっとキャサリン・テイト風キャラのデスティニーと、アホネコのマリオンがお気に入りです。みんな好きですけどね。

#1
ネットで知り合った人間の女性と会う約束をするネルソン。あんたキツネじゃん!と強烈キャラのカリに突っ込まれつつ会いに行くと、相手のウェンディはチキンでした。気が合った2人はキスをしようとしますが、キツネと鳥のキスはうまくいかず。。。。マリオンの飼い主が階段から転落して死亡。カリにそそのかされたマリオンは自分似の迷い猫チョップスティックの身代わりとなって探し主の家を訪ね、新居をゲット。新しい主に言われて虚勢手術を受けますが、本物チョップスティックが戻ってきてしまい。。。しつけ教室で惚れたワイルドなオス犬とまた会いたいデスティニーは、主のギャリーをガブリ。が、再び教室に行ってみると、ワイルド雑種は女性トレイナーの言いなりで幻滅。。。というような内容。マイケル・ブーブレネタとか、FxxkChickenソングとか、第1話から飛ばしててかなり楽しいです~。


#2
Oh God it's GOD!(爆)。遠吠え合戦で知り合ったオス犬と会うことになったデスティニー。相手はデスティニーのウ●チの匂いが気に入って呼びかけたそう。膝をつく相手にプロポーズを期待しますが、相手はお尻の匂いを嗅ぎ出します。俺の匂いも嗅げといわれたデスティニーが嗅いでみると、病気を察知。その場で即死してしまいました。仕方ないので運命の香りを探し始めるデスティニー。町じゅうのお尻を嗅いで周ったのにいい人に巡り合えずネルソンに相談すると、ネルソンの匂いに反応。デスティニーの運命の相手はネルソンなの?!?!という話し。

↑ワンコさんたちの遠吠え「Oi!Oi!Oi!」(笑)。1話で、しつけ教室に戻りたくてわざと吠えまくったときは「バーク!バーク!バーク!」でしたが、犬も呼びかける時は「オイ!」のようです(笑)。
スポンサーサイト
最近観た米ドラマあれこれ
今夏、アメリカで始まった新ドラマ&新シーズン(ついでにUK1本)の感想。今のところそこそこ気に入ってるのは『Memphis Beat』と『Rizzoli & Isles』くらいかな~。UKドラマは『Sherlock』を観ただけですが、とりあえず継続の予定。

以下、長いので隠しておきます。

続きを読む

『Covert Affairs』 pilot
エイリアス/ランバルディBOX オールシーズン完全版 (数量限定) [DVD]エイリアス/ランバルディBOX オールシーズン完全版 (数量限定) [DVD]
(2008/11/07)
ジェニファー・ガーナーマイケル・ヴァータン

商品詳細を見る


「なんちゃってAlias」と一部で話題になっていた(笑)USAの新ドラマ『Covert Affairs』を見ました。ほんとになんちゃってエイリアスな感じのスパイドラマです。メインキャラは、現場デビューのCIAアニー・ウォーカー(Piper Perabo)。語学力を買われたアニーは訓練中に呼び出されて現場に出るけど失敗続き。それでもファームに戻されないのには事情があった。。。というのが第1話。あら、説明終わっちゃいましたよ(笑)。

CIAの人々は皆さん知った顔。盲目のオーギーは『Ugly Betty』のヘンリー(Christopher Gorham)、ボス夫妻は『the OC』のサンディ(Peter Gallagher)と『Invasion』の保安官妻Dr.マリエル(Kari Matchett)。この夫妻は、というか妻が1人で勝手に昼メロしてます。かなりいらないプロットです。オーギーキャラはこのドラマでは癒しキャラ?凹んだアニーを慰めてあげたり、現場に付き合って死体のフリさせられたり。でもアニーとオギーが、同局でS2が始まった『White Collar』のニールとピーターとかS3が終わった『In Plain Sight』のメアリーとマーシャルのような、視聴者を惹きつけるコンビになれるかというと。。。う~む謎。

ま、USAなので中身は薄く(苦笑)、『Alias』と比べるとだいぶライトな作りです。コメディ度も半端。ノリは軽目なのに台詞がごっつ昼メロ調なのも冷める要因。アニー役のパイパー・ペラボはかわいいと思うんですけど、ちょっとばかし頭が大きくてバランスが悪くて、追跡シーンもドスドスと重たく走ってる感じで、とても運動神経いいようには見えないのが残念かな~。骨ばった感じとか、中途半端にどことなくジェニファー・ガーナーに似てるのもマイナス点。だって、つい比べちゃうんですもん。

1人で追跡した地下鉄のホームで、首絞められて大ピンチ!というところで、熱いバカンスを過ごした後にメモ一枚残して消えてしまったアニーの元彼が現れ男を射殺、そして地下鉄に乗って去ってってしまうというのが1話の最後だったんですが、彼の存在がエイリアスでいうところの引っ張りネタ‘ランバルディ’みたいなもんでしょうかね。既に相当どうでもいい感じがしてますけど(苦笑)。この男が裏切りスパイだか何なんだか、とりあえずCIAは彼を追っている様子。そのため彼とつながっていたアニーは訓練に戻らず、そのままサンディ夫妻の下で働くことになります(アニーは元彼の正体を知りません)。あ、あとアニーの姉(?)役で『Big Love』のアルビー妻/『House』のアンバー(Anne Dudek)が出てます。お姉ちゃんも実はスパイでしたっていう展開になりそうなならなそうな。。。元彼よりそっちの方が面白そう。とりあえず、あと数回見てみる予定。
シャイアン@『30 ROCK』S4
30.jpg

『30 Rock』S4、ゲストチェック中心に10話まで鑑賞~。

S4はJames Francoが出たエピソードくらいしか観てなかった「30 Rock」、やっと始めから観始めました。もちろんジャック(Alec Baldwin)&リズ(Tina Fey)のメインコンビも大好きなんですが、ゲストが毎回ゴージャスで楽しすぎ!ツボったのは、Will Arnettが出すヘンな音をジャックが手シールドでブロックしたところ。思い切り吹いた後、巻き戻して何度も観ちゃいました。

ワタシ的な目玉ゲストはCheyenne Jackson。TGS新キャストのダニー役で数話に渡って登場。ダニーの名前は本当はジャックなのに、ジャックは既にいるのでジャック本人が「お前はダニー」と勝手に改名。お人よしカナダ人のジャックは、新しい名前ダニーを受け入れます。カナダ訛りを直さなくちゃと言って「あぶぅと、あば、あぶ~うぅ~」って練習するシーンが激カワユかったです。クリスマスエピソードもおかしかった。歌担当は毎年ジェナ(Jane Krakowski)でしたが、ダニーが歌えると知ったピートはダニーに歌わせようと計画。が、これまたお人よしカナダ人のダニーは、ジェナのクリスマスの思い出話を聞いて同情&あっさり引き下がり、わざと音痴に歌ってピートをがっかりさせます。途中で調子に乗ってきて普通に歌ってしまったらジェナに睨まれ、また音痴モードに戻したりして、かわいさ爆裂でした。シャイアンのボケキャラっていいすよね~(笑)。

Whoopi Goldbergがまた出てましたが、ウーピーさんと言えばWE版「Sister Act」に来月限定で出演します。もちろんDeloris役ではありません。デロリスはPatina Millerですからっ。この「Sister Act」、見どころは何と言ってもパティーナ。曲もストーリーも普通レベルですが、パティーナがキラッキラ輝いてます。Mother Superiorのシーラさんもとっても良かったと思うんですけどね、その後を埋めるのがウーピー。10月のクローズ前にちょこっとでもチケット売っとこうっていう考えでしょうか(汗)。ちなみにパティーナは16日から18日まで夏休みで欠勤ですので、観に行く機会がある方はその3日を避けてくださいね~(笑)。

あ、話が逸れすぎました。。。これから「30 Rock」の続きを観てきます。


きゃあきゃあ!なツーショット。
ps_20100713155001.jpg

プロフィール

merlin

Author:merlin
All in the game.

カテゴリー
オススメ~★
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。