*Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Brothers&Sisters (3-10)
『ブラザーズ&シスターズ』 (3-10:Just a Sliver)

サンクスギビングエピ。ロバート側の家族がロバート邸に集まると聞いて、ケヴィンもスコッティと過ごすことを打ち明ける。ジャスティン&トミーに電話すると2人も今年はノラ邸には行かないと言うが、誰もノラには報告していない。誰が報告するかくじ引きをしたりしているところへノラがターキーを持って帰宅する。唯一予定ナシのサラ以外来れないと言われ、ノラは不機嫌に。

↓続きは隠します。

SCTY@B&S

エリザベスの体調が悪化し、肝臓移植をしなければならなくなるが、適合の可能性が高いのは両親。実父は精子提供者であるケヴィンかジャスティンのどちらかであるため、2人はテストを受けることになる。トミーは兄弟だけを呼び出したかったが、結局ウォーカー家が病院に集合。アルバカーキーからソールも帰宅し、落ち込むノラを慰める。結局移植が必要となり、エリザベスの実父がケヴィンだと判明、ジャスティンはその結果がうまく受け入れられずにいる。娘に何もしてあげられないトミーは、集まった家族に当たり、エリザベスの病室で涙。眠れないケヴィンは書類に目を通し、「もしもの時の決断は配偶者のスコッティ。ママだったら絶対死なせてくれなくて一生ベジタブルになっちゃう」と笑う。戸惑うスコッティを抱き締める。

移植手術は成功、術後の経過も良好。安心したトミー夫妻はノラに何か食べるよう薦められ、ついていくとノラが用意しておいたサンクスギビングの料理が持ち込まれていた。

◆◆◆

本日の名言:I hope you all get salmonella and die!
自分だけ予定がなくて、ママと楽しくレイディースナイトを過ごしたらいかがかと皆さんに言われてキレたサラのお言葉でした(笑)。

トミー、辛かったですねぇ…。スコッティがケヴィンの勇敢さを褒めているのを聞いてしまったり、皆でわいわい中華の注文をしているのを見て爆発しちゃいました。そんなトミーを理解して宥めてあげたのがキティ。キティも妊娠できずに養子を取ることにした身なので、実の親じゃないから娘に何もしてあげられないトミーの気持ちがわかる唯一の人だったわけです。クビ騒動で殆ど口を聞いていなかったケヴィン&トミーも、手術後にトミーがお礼を言ってやっと和解することができました。

で、結局病院で全員集合。ノラ邸ではありませんが、めでたく家族全員の休暇となりました~。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

merlin

Author:merlin
All in the game.

カテゴリー
オススメ~★
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。