*Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Men of a Certain Age』 S1-10
『Men of a Certain Age』 1-10:Back in the S#!t

シーズン1が終わりました。
は~、泣いたり笑ったりのフィナーレ、とっても良かったです。
シーズン2の制作も決まっているので、安心してみれました。


癒し系(笑)オウエン(Andre Braugher)は最後まで私を癒してくれました。元プロバスケ選手で、会社では上司でもあるパパが体調を崩し、そろそろ引退してもいいんじゃないかとオウエンが提案してみると、パパは即「そうなだ。マーカスならやれるだろう」と一言。いつかパパの跡を継いでボスになるんだと信じて、特に好きなわけでもない中古車セールスの仕事をなんとな~くダラダラ続けてきたオウエンですが、本当に引退の日が来てもパパの頭にあったのは息子オウエンではなく、成績優秀なマーカス。ああショック。社長不在時を任されたマーカスは、イヤなボスと化し、ローレンスにクビ宣告までしてました。ライバル店に転職したオウエンは、そこではなんと成績トップ。プレッシャーがないと意外とデキル人なんです(笑)。

テリー(Scott Bakula)は、映画のプレミアで演劇学校時代の友達に遭遇。自分より演技力がないのに成功してる友達の愚痴を言っていたのに、彼らから出演依頼がきます。自分のシーンをあれこれ考え分析してきたテリーを、酔っ払ってハイなまま撮影に入る友達は笑いますが、テリーの提案が監督に通ってしまい、「俺が演出したようなもんだ」とテリーは得意げ。撮影が長引くと聞いたカノジョは、自分から薦めたくせに腹を立てちゃいました。カノジョに捨てられ、次も一緒にやろうと言っていた友達からは裏切られ、管理人を務めるアパートではトイレが故障してウ●チまみれ。まったくついてません。

離婚の原因のひとつでもあるギャンブルが、いまだにやめられないジョー(Ray Romano)。不安障害を持つ息子アルバートのためにもちゃんと家を買った方がいいと思い立ち、大金を賭けてしまいます。アルバートと映画に行っても賭けのことが頭から離れず、席を立ってブッキーに電話をしてしまいますが、席に戻って来ないパパを心配してパニックを起こしたアルバートに、「パパはボクのこと恥じてるの?」と言われ、やっと目を覚まします。ギャンブル癖を知った彼女は連絡くれないし、今のことろ本気でギャンブルを止める気のようですが、どうなることやら。

どん底のまま終わっちゃうのかと思いましたが、3人とも落ち着くところに落ち着いて終了となりました。パパから戻ってくるように言われたオウエンは、‘professionally charming’なテリーを雇ってあげたんですね。爆笑コメディ系ではありませんが、ユルくてあったかいオヤジドラマ。来季も楽しみです。来季は痩せたオウエンが見れるのか、それともオデブさんなままななのかも気になる~(笑)。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

merlin

Author:merlin
All in the game.

カテゴリー
オススメ~★
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。